コールセンターや事務の
アルバイト・契約社員の求人はジョブポケット

ご希望の条件に合う募集がない場合はメルマガ登録

0120-919-999 (平日9:00~19:00 土日祝9:00~17:30)

コールセンターの面接のポイント

コールセンターのお役立ちコラム (2020/01/27)

img

コールセンターの仕事は、家庭や趣味・学業などと両立しながら働きたいと考える方に人気の職種です。しかし、 いざコールセンターで働いてみよう!と思っても、まずは面接を受けなければいけません。

・久しぶりに働くから面接を受けるのも数年ぶり・・・
・はじめてのバイト、面接ってどんなこと聞かれるの?
・緊張してうまく話せないかも・・・

など、面接を受けるのが不安な方も多いと思います。

これからコールセンターの仕事に応募して面接を受けようと考えている方に、面接でよく聞かれる質問・面接での身だしなみや話し方など、回答例やポイント、気を付けたい点などをご紹介します。コールセンター以外の面接でも役立つと思いますので、ぜひ参考にしてください!

botton

面接でよく聞かれる「志望動機」「希望のシフト」「職歴」「長所・短所」の回答のポイント、回答例をご紹介します。あくまで“回答例”なのでそのまま丸暗記せず、自分の状況にあわせた、自分なりの回答を考えましょう。

  • 1.コールセンターの面接でよく聞かれる質問

  • 志望動機

アルバイト・派遣社員・正社員問わず、どんな仕事でも質問されるのが、志望動機です。

・駅や家から近かった
・働ける時間がちょうどいい
・簡単そう
・研修がある
・今より時給が高い
・服装・髪型が自由
・休みがとりやすそう
・友人の紹介

など、さまざまな理由があると思います。
なぜこの仕事に応募したくなったのか?ということを考え、ポイントをおさえて話すことが大切です。

・回答例
(1)コールセンター未経験者の場合
コールセンターの仕事は未経験ですが、研修が充実している御社なら安心できると思い応募しました。また以前、接客の仕事をして非常に楽しかったので、コールセンターなら「人とコミュニケーションをとるのが好き」「誰とでも明るく話せる」という自分の特性を生かせると考えています。

(2)コールセンター経験者の場合
以前にもコールセンターでオペレーターとして働いた経験があったので、コールセンターを希望しました。また、昼間は資格取得のため学校に通っているのですが、服装が自由とのことでしたので、学校帰りに通勤できる点にも惹かれました。

  • 希望のシフト

コールセンターによって運営時間が異なるため、募集しているシフト(週○日・時間帯・曜日など)も異なります。面接では、応募者が希望しているシフトが、募集要件とあっているかを確認します。「一日何時間、週何日働けますか?」と聞かれたとき、ついつい多めのシフトを伝えてしまいがちですが、無理なく働けるシフトを伝えるのがポイントです。

・自分が希望するシフトは、募集要項とあっているのか
・勤務できる曜日や時間、いくらくらいの収入を得るためにどれくらい働きたいか
・学校の予定、習い事、家族の予定(子供のお迎え)などに無理はないか

など、自分のライフスタイルを考慮して、希望のシフトを考えておきましょう。また面接で質問されたときのために、手帳やカレンダーなどで確認できるよう、準備しておきましょう。

・回答例
(1)日中の数時間、週3日勤務の場合
月水木金の間で週3日、9時~15時で勤務可能です。子どもが学校から帰宅するまでの時間帯で勤務できればと考えています。

(2)フルタイム希望の場合
週5日の9時~18時の8時間勤務を希望しています。18時以降の勤務は難しいのですが、土日出勤も可能です。

(3)夕方から働きたい場合
日中は学校があるので、18時からの勤務を希望します。土日のどちらかであれば、午前中からの勤務もできます。

  • 職歴

これまで、どのような仕事をしてきたいのか、どれくらいの期間、働いたのかを聞かれます。アルバイト経験でも1年や2年など長期で働いてきたことや、バイトリーダーとしてスタッフをまとめていたことがあれば、アピールポイントになります。
コールセンターが未経験であっても、接客販売などの対面業務ではコミュニケーション力、事務などのオフィスワーク経験であれば、パソコン操作やビジネスマナーなどが身についていることもアピールできます。過去の経験とあわせて、退職・転職理由を尋ねられることもありますが、前向きな退職理由を伝え、ネガティブな印象を与えないようにしましょう。

・回答例
(1)コールセンター未経験者の場合
学生時代は飲食店で4年間のアルバイト、卒業後は正社員として事務職で3年間勤務してきました。事務職では電話応対やパソコン操作、飲食店では接客応対のスキルが身につきました。コールセンター業務は初めてですが、電話応対と接客の経験を活かしたいと思います。

(2)コールセンター経験者の場合
以前は、通信会社のコールセンターで3年間働いてきました。成約などの目標がある発信業務が好きでしたので、今回も発信業務を選びました。生命保険のコールセンターは初めてですが、発信業務の経験を活かしたいと考えています。

  • 長所と短所

多くの人が悩むのが「長所」と「短所」です。限られた面接の時間内で、人となりを理解するためにする代表的な質問の一つです。長所と短所を話すときには、エピソードなどを交えて話すとよいでしょう。「短所」は見つかっても「長所」が見つからないこともありますが、その時は「短所」の逆のことをイメージしてみましょう。

短所から長所に置き換える例

・優柔不断 ⇒ 慎重に考える
・相手の話に合わせてしまう ⇒ 協調性がある
・頑固 ⇒ 粘り強い、信念がある
・飽きっぽい ⇒ 好奇心旺盛
・せっかち ⇒ スピード感がある

などなど。
自分としては短所と思っていたところが、ポジティブな長所に変えることができますので、参考にしてみてください。

・回答例
(1)コールセンター未経験者の場合
誰とでも明るく接することができ、相手の立場に立って物事を考えられるのが私の強みだと考えています。接客業で働いていた時は、お客様に喜んでいただけるサービスの企画・実行をしたことがあります。短所としては、少しのめりこんでしまい、周りが見えなくなることがあるため、前職の店長にも指摘されたことがあります。

(2)コールセンター経験者の場合
最後まであきらめず丁寧に応対できることが私の強みです。前職のコールセンターでは、お客様からの解約のご相談があった際、お悩みごとに真剣に耳を傾け、何が問題なのか原因を突き止め、そのお悩み事を解決して継続契約に繋げる業務を得意としていました。丁寧にお話を伺うため、応対が他のスタッフより長くなってしまう点が弱みだと考えています。お客様の理解度や反応によって話の切り口を変えるなど、スキルを磨いていきたいと思います。
 

求人広告には、服装自由・髪型自由など書かれていることがありますが、面接にはどのような服装で行けばいいのでしょうか?コールセンターの面接で気をつけたい、服装・身だしなみや話し方などをご紹介します。

  • 2.コールセンターの面接で気をつけるポイント

  • 身だしなみ

一般的に、正社員や契約社員の面接であれば、スーツで臨むようにしましょう。シャツやパンツ、スカートなどがシワシワになっていないかなど、髪型から靴まで、清潔感のある服装を心がけましょう。
アルバイトの面接であればカジュアルな服装でも問題ない場合も多いです。コールセンターの仕事は、お客様と対面することのないオフィスワークです。服装や髪形・髪色など、自由な職場が多いのが特徴ですが、面接にはジーンズにTシャツのような、カジュアルな服装は避けたほうが賢明でしょう。清潔感のある服装・髪型を心がけましょう。面接官と初対面なので、第一印象もとても重要です。

  • 話し方や態度

コールセンターという仕事上、話し方や声の大きさ・トーンはもちろん、面接中の姿勢や態度も印象を大きく左右します。緊張すると声は出にくくなりますが、聞き取りやすい大きさで発声し、ハキハキと話すようにしましょう。友達と話すような言葉遣いではなく、少し目上の方と話すようイメージで丁寧な言葉遣い・敬語で話しましょう。
対面する仕事ではないものの、コミュニケーション力が求められるお仕事です。面接官の質問に答えるときには、必ず相手の目をみてしっかりと話しましょう。

時給がよく、シフトの融通も利くコールセンターは、人気の職種です。コールセンターでのお仕事にチャレンジしてみたいという方は、まずはジョブポケットまでご相談ください。

  • 3.コールセンターの求人を探すのにおすすめのサイト

  • 「ジョブポケット」とは?

ジョブポケットとは、コールセンター・オフィスワークの求人情報を豊富に掲載している求人サイトです。北海道から沖縄まで全国のコールセンター募集の情報が掲載されており、パソコンやスマートフォンでお仕事検索が可能です。 また、北海道札幌市には、気軽に立ち寄って、パソコンでお仕事検索をすることのできる “ジョブポケット札幌”というスペースを設けています。専門スタッフによる求人のコンサルティングも行っている為、色々と求人の相談もできます。地下鉄さっぽろ駅、大通駅からもスグですので、ぜひ“ジョブポケット札幌”にもお気軽にお立ち寄りください!

  • 応募から面接、コールセンターデビューまでの流れ

求人情報を検索して、応募したいお仕事を探しましょう。

・エントリー:希望のお仕事が見つかったら、WEBから応募、そのまま面接予約も行えます。面接日時が合わない場合は、応募受付コールセンターから、電話またはメールでご連絡しますので、面接日時を相談しましょう。疑問や質問、不安なことがあれば、いつでも応募受付コールセンターまでご連絡ください。

・面接:持ち物(筆記用具など)を準備し、時間に余裕をもって面接会場に向かいましょう。早過ぎずギリギリ過ぎず、10分前くらいに、面接会場に到着するようにしましょう。

・採用:見事、採用された場合には、入社手続を行います。

・研修:座学や実践研修で、敬語や応対マナー、担当する商品やサービスなどの研修を受けます。分からないことはそのままにせず、その日のうちに研修担当に質問するようにしましょう。

・デビュー:おめでとうございます!研修を終えたら、いよいよオペレーターとしてコールセンターデビューです。はじめは、先輩オペレーター、スーパーバイザー(SV/管理者)が、そばでサポートしてくれます。初めは緊張すると思いますが、研修で学んだことを活かして、お客様対応するよう心がけましょう!

  • 「ジョブポケット」の面接会場一覧

面接会場は全国各地にあります。詳しくは、こちらのページをご覧ください。

  • 4.事前の面接対策で自信をもって面接に臨もう

「志望動機」「希望のシフト」「職歴」など、面接でよく聞かれる質問や回答例や面接に臨む時のポイントをいくつかご紹介しました。「どんな質問をされるのか?」ということが想定できれば準備もできるので、自信をもって面接に臨めると思います。ただ上記に挙げた質問だけでなく、想定外の質問があるかもしれません。その時には面接官の質問内容をしっかり理解し、落ち着いて自分の意思を伝えることを心がけましょう。 また入社したあとに「想像と違った・・・」ということがないように、疑問や質問があれば、面接で質問をし、解決するようにしましょう。

コールセンターの仕事を探す

勤務地
時給
期間
こだわり条件
フリーワード
© 2020 Relia,inc. All Rights Reserved.
Live800 Chat Service
Live800Plus Online Chat